pa-teke-den

続・パーテケ伝!!水奮闘記とその日常…
<< 駿河区でモーニング「喫茶館EVERGREEN」 | TOP | 清水区でディナー 「河良」 >>
がんの本気

あまりに近すぎて、時間が経てば経つほど父が死んだとも思えなかったり。

そんなこんなで2か月が過ぎた日、大事な友人の訃報が届いた。

義理兄が3月、父が5月、友人は7月。みんな月命日は同じ日となる。

葬儀は家族葬であり、家も県外で少し遠いので清水から本人を偲んだ。

本当にお世話になった。ありがとうタコ。

悲しい。とても悲しい。

 

人は死にゆくもの。それは当たり前のこと。

わかってはいたつもりだった。

 

こうも近い人たちが「ガン」という病気で立て続けに亡くなってしまうと、さすがに参る。

ずっと「がんは治る」的な要素の本ばかり読んできた。

その本を読んだことが無駄だとは思わないけれども。

現に私は生きているし、体調はとても良い。しかし再発・転移はしている。

私の治療法も正解かと言われると、わからない。

でも「もっとなにか」をみんなにできたのではないだろうか??と疑問に思ってしまう時がある。

 

「そんなこと気にすることはない」と言ってくれているかな〜とも思うけど。

 

このあたりは7月がお盆なので、お礼周りをしたのですがその中の1人の方がこんなことを言った。

「お父さんは病気なんかに負ける人ではないと思っていたけれど、癌が本気を出したんだ。癌が本気を出すと怖い。」

 

癌の本気・・・確かにこの目で見た。本当に恐ろしい。

私の癌はまだ本気を出していないのだろうか。私もまだ本気を出してないけど。

 

そんな中、今度は地元清水のスターちびまる子ことさくらももこ氏の訃報。

闘病もエッセイにして欲しかったな。

明るい文章を書く人だからそんな気になれなかったかも知れないけど。

同じ乳がんでも、症状や治療法は十人十色だとわかっているけど知りたいもんですよ。

他人と比べるというのは迷うこと、らしいが。

がんになった者にしかわからない「気持ち」と数ある「選択肢」の中から何にしてどう心が「変化」していったかとか。

iPhoneImage.png

清水区役所には献花台が。

まるちゃんありがとーーーーー!!!

 

何いいたいかわからないような内容になってしまいましたスマソ。

 

 

もものかんづめ (集英社文庫)
さくら ももこ
集英社
売り上げランキング: 2


にほんブログ村

乳がんといわれて | 22:04 | author ぱーちくりん | comments(2) | trackbacks(0) -
リンク
コメント
久しぶりにコメントします。
清水愛ですねー&#10071;&#65039;
私も追分と高橋に住んでました。
まだキャベツの頃ですが&#128515;
2018/09/01 12:25 AM by 人モ○一
♪夕焼け小焼けで日が暮れて〜〜〜
イエ〜〜〜〜イ!!
2018/09/10 10:59 PM by ぱー
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mizusoul.link/trackback/534
トラックバック