pa-teke-den

続・パーテケ伝!!水奮闘記とその日常…
<< 清水区でディナー 「河良」 | TOP | 静岡の街まで電車でGO 買い物編 《追記あり》 >>
PET検査 2回目

もうすぐ、再発してから1年になる。

今月ならば通院保険が出るので、早くていいなら今月やってもらえないか相談した。

検査費用は約3万、通院保険は1日1万円。

出ると出ないじゃ大違い。

別に今月でもいいとのことで、早速予約を入れてもらう。


こういうのって、治療は長く続きお金もかかるのに自分で調べて声を出さないと誰も教えてくれない。

患者会とか横のつながりが大事になってくるのもわかるし、ガンにならないと気持ちがわからないだろうと言うのもわかる。

情報収集は大事だ。


前回、とても気持ち悪くなったのを記憶している。

まあ体調が悪かったのかもしれないしと思うけど少しビビりながら当日を迎える。

病院までは旦那さんが送ってくれるという。

非常に助かる。

検査前、暗い部屋で1時間ほど安静にした記憶があったので、 アイマスクとグローブ型ハンドパックと顔のパックを持っていく。


最初に身長体重を測ってから更衣室に。

金属のないユニクロのワンピースで行ったらそのまま検査も受けれるとのことでした。

でも、寝っ転がるのに抵抗があったので着替えることに。他の人は上だけ、下だけ着替えてる人もいた。


この日は北海道で大きな地震があった日なのだけど待合室ではヒルナンデス!が。

しばらく待つとポケベルの大きなやつみたいなもので問診室に呼ばれて

入り口で書いた問診票と照らし合わせながらお話しして、点滴の位置を決める。

私は手の甲だと大体1発で決めてくれるので手の甲にしてもらった。

数分かけて体内にブドウ糖やらを点滴で大きな止血ガーゼをしてから大人しくしてる部屋に。

さてと、やっぱりコンタクトは外すことにして…ハンドパック…って!

止血ガーゼの位置が‼

そうか、腕でやってもらえば良かった…

とアイマスクだけ付けてお茶飲んで横になる。

1時間もしないうちにピーピー検査室に呼ばれる。

行く前にはトイレに必ず寄るのと、止血ガーゼは外すらしい。

検査室に入り機械の中に入ってガーガー位置を決めてさあ始まるぞ、って時に検査は約16分で終わります。とアナウンス。

余裕と思っていたが、やはり前回同様5分前くらいから気持ち悪くなっていった。

身体の位置がタイミングがわからない時に少しずつ急発進急停止するので車酔いに近いのかもしれない。

しかし気持ち悪いと言って止められたとしても、良くなったらハイ!最初からやりますよー!とか言われたらかなわない。

我慢して冷や汗が出始めた頃に終わった。

今回はコレで終わりらしい。前は2度撮ったような。

ヘロヘロになりながら次の休憩室で40分休んで帰ってよいとのこと。

さあ!ここだ!

と、顔のパックとハンドパック、を出す気にもなれずオエオエしながら休憩。

備え付けのテレビも頭に入らず、唸っていたら40分。ピーピー鳴って更衣室で着替えて会計。

帰りも旦那さんが迎えに来てくれて、ご褒美ご飯は丸亀製麺で胃に優しいうどん。

17時間近く食べてなかったので、美味しくいただいた。


結果は来月。

良くなっていることを祈りたい。








にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

乳がんといわれて | 23:03 | author ぱーちくりん | comments(0) | trackbacks(0) -
リンク
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mizusoul.link/trackback/539
トラックバック