pa-teke-den

続・パーテケ伝!!水奮闘記とその日常…
<< トラムセット | TOP | 10月の治療から思うこと >>
10月診察から思うこと

台風も来るし、不調の日から連休させてもらって10月になり診察・治療の日を迎えた。

 

不調の時に血液検査をしてもらっていたのでスムーズに進むと思いきや、いつも通り診察まで2時間は待った。いつも以上だ。

混んでるはずだこんな人数見たことない!

 

診察では、筋弛緩剤は飲むのに頑張れなかった話をすると痛み止めだけでも続けることになった。

ロキソニン…と提案してみるも、ロキソニンは胃潰瘍になる副作用があるからと前回処方したトラムセットという薬になった。

 

PETの結果も詳しく聞きたいと思ったので言ってみると、「え?まだ出てない」とかデータを見て言っているがアナタの今見ているデータが先日の結果なのですよと言ってやった。

 

本当にデータでしか見ていないし、データもちゃんと見ていないかも。

まあ、主治医はそれが正直に出るからいいとしても大半の先生もそんな感じだし、こちらがそれに気づけない事もあるだろう。

 

だからっていいわけはない!!

ココは何!?

前回と比べてどう!?

とか聞いてみたが、何言ってるかわからない。

不調の時に言われた言葉、そのまま返してやりたい。

骨転移のところは、小さくなっているわけではないけど進んでるわけでもないようだ、と言っているみたいである。

 

他に転移巣も見る限りではないしとは言っているが、今回頭が凄く痛かったがPETでは脳の転移はわからないとか。

 

痛い痛い!ちゃんと診て!

大声で言わないと診てもらえない。

自分の身体は自分で守るしかない。

癌と言われて4年、それは学んだことだ。

先生を信用してないわけではないけども、何十人、何百人といる患者の1人なのだ。

 

癌という病気は病院任せではいけない。

いや、何の病気も誰よりも自分の事だ。

ブログでも日記でもちゃんと書いて

  • いつから
  • どこが
  • どのように
  • 痛むのか

だけでも自分で理解しておく必要がある。

 

 

ポチッとありがとうございます。↓↓↓


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

アピカ 日記帳 5年日記 横書き A5 日付け表示あり D304
アピカ
売り上げランキング: 1,075

 

 

 

 

 

 

 

乳がんといわれて | 12:40 | author ぱーちくりん | comments(0) | trackbacks(0) -
スポンサーサイト
- | 12:40 | author スポンサードリンク | - | - -
リンク
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mizusoul.jugem.jp/trackback/558
トラックバック